妊娠中の腰痛 /渋谷区の整体院 代々木ユニバーサルセンター

妊娠中に腰痛になってしまった妊婦さんへ

妊娠中は腰痛が起きやすい時期です。これまで腰痛がなかった妊娠さんも、多くの方が腰痛や坐骨神経痛を経験します。

ただ、レントゲンを撮れない、薬が使えないなど、一般的な整形外科の方法がかなり制限され、お医者さんも妊婦さんも「我慢してやり過ごすしかない」と思っている方も多いようです。

でも、そんなことはありません。妊娠中でも適切な施術をすれば、安全に楽になることが出来ます。妊婦さんにもお腹に赤ちゃんにも負担のかからない、ソフトな施術をすれば良いのです。

ここでは、妊娠さんの腰痛の症状、原因の解説と渋谷区の整体院、代々木ユニバーサルセンターでの施術についてお話いたします。


妊婦さんの腰痛の症状  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

妊娠中だからといって、すごく特殊な腰痛になるわけではありません。
その症状は大きく3つに分けられます。

・慢性腰痛

腰骨の周囲が重い、痛い。
立つ、座るなど動き始めが痛い。
姿勢を変えるのがつらい。
同じ姿勢がつらい。
中腰がつらい。


・坐骨神経痛…妊婦さんで坐骨神経痛になる方は多いです

お尻や太ももが痛い。
ふくらはぎまで痛みが走る。
足の付け根がつらい。


・ぎっくり腰…詳しくはぎっくり腰についてをご覧ください

急激な鋭い痛みがある。
ズキズキとうずくような痛みがある。
わずかな動きで痛みが走る。


妊娠中の腰痛の原因  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

妊婦さんの腰痛原因1 体重の増加

妊娠中は子宮、つまり骨盤の内側でどんどん胎児が育っていきます。羊水や妊婦さんの脂肪の増加なども含め、重い時には10キロ以上も体重が増えます。この負担が腰痛の原因になります。

特にお腹が大きくなると、骨盤が前に倒れてきます。腰の反りは強くなり、腰の後ろ側の筋肉の負担も大きく、コリも起こしやすくなります。

妊婦さんの腰痛原因2 ホルモンの影響

また、出産への準備でリラキシンというホルモンが出てきます。このリラキシンは出産の際に、赤ちゃんが骨盤をスムーズに通れるようにするため、骨盤を繋いでいる靭帯を緩めるのです。

ただ、そのために骨盤を始めとして関節自体の支えが弱くなります。その分を筋肉が緊張して体を支えるので、そうした緊張が腰痛の原因となることがあります。

妊婦さんの腰痛原因3 精神的な緊張

精神的な緊張も妊娠さんの腰痛の原因になります。無意識のうちにお腹をかばう姿勢や動きをしていると、どうしても腰、背中の筋肉に負担がかかります。

また、様々な心配や不安も神経を緊張させ、血行不良からくる腰痛を生むことがあります。


いわゆる腰痛だけではなく、こうして起きる筋肉の緊張がお尻や足の筋肉にまで及ぶと、坐骨神経痛の症状を起こします。


妊婦さんと整体  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

代々木ユニバーサルセンターでは妊婦さんへの施術も行っております。
安定期に入っていればお断りすることはありません

妊娠中というのは、女性の体に普段以上に大きな負担のかかる時期です。腰痛だけではなく、むくみ、肩凝りなど赤ちゃんが大きくなるにつれ症状がひどくなるケースが多いです。

当院では、そんな妊婦さん達こそ、普段以上にケアが必要だと考えています

施術に際しては、うつ伏せやあお向けでの整体が基本となります。当院は特殊な施術ベッドを利用していますので、妊娠中でも楽にうつ伏せになることが出来ます。また、場合によっては横向き、座ったままなど、リラックスできることを一番に考え、様々な姿勢での施術に対応しています。

妊娠中に骨盤をはじめとして骨格のバランスを整えておくと、腰痛の予防だけでなく、スムーズな出産や産後の早い回復にも役立ちます

また、大切なのは施術だけではありません。日常の過ごし方、姿勢の指導、ストレッチなどのアドバイスも行い、お産までの身体をトータルサポートします。

不安や疑問などありましたら、どんな小さなことでも構いませんので、お電話やメールなどで遠慮なくご相談下さい。不安のない快適なマタニティライフを送って欲しい。当院では心よりそう願っています。

渋谷整体 03-3485-5041


口コミ体験談  「腰痛・寝違え・足首の痛み」  30代 女性 new!

先生には子供が生まれる前からお世話になっているのですが、妊娠中や子連れでの診察もOKなので、とても助かっています。

大昔にした捻挫で、変な癖がついていた足首を治して頂いた事もあり、とても信頼しています。