むちうち症とは  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

交通事故後の長引く後遺症にお悩みのあなたへ

むち打ち症は軽く済めば時間の経過とともに良くなりますが、中には長い間症状が続いたり、痛みや重だるさなど事故以前はなかった症状が慢性化して残ってしまうことがあります。

実際、整形外科に通い、まじめにリハビリに取り組んでもなかなか症状が改善しない患者さんを数多く見てきました。

病院でのむち打ちの治療を否定するわけではありません。
ただ、むち打ちになったとき、どういう動作でどこを痛めているのか?
これをはっきりさせず、なんとなく首に電気治療や牽引を行っていてもなかなか効果が上がらないのです。

ここでは、むち打ち症の一般的な症状、経過や治療法の情報に加え、渋谷の整体院・代々木ユニバーサルセンターの考え、施術についてお知らせしています。
事故後の慢性化した痛みにお悩みの方は是非お読みください。


むちうち症の解説  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

むちうち症の整形外科的説明

特徴

追突事故やスポーツの接触プレーのあと、外傷はないのに首〜肩にかけての痛みが起きる。

・交通事故に遭った
・ぶつかり合うスポーツをしている
・頭や首を強く打った
・突き飛ばされて首を痛めた
・階段から落ちた
・落下物が頭に当たった

そうした方に多くみられます。


解説

むち打ち症は「頚椎捻挫」の一種で、骨や椎間板にはケガがなく、検査をしても神経障害がないものをいいます。

むち打ち症は自動車事故による外傷でよく見られます。追突された(した)衝撃で首が強く反り、反動で前屈みになる動きで首を痛めます。この前後の首の動きが、鞭のしなりと似ているので「鞭打ち」というのです。

衝撃が弱くても、不意に首が振られる事で自覚なく傷めている事もあるので注意が必要です。

症状は受傷直後よりも翌日以降、数日の間に起きてきます。2週間以上経過してから症状が出てくることもあります。

レントゲンやMRIの検査は必須で、感覚に異常がないかなど、神経のチェックも行われます。


治療法

病院でのむち打ちの一般的な治療は、痛めた直後は頚椎カラーをして首の安静と保護をはかります。

痛みが強い時は消炎鎮痛剤の湿布や飲み薬が処方されますが、安静にしていれば2〜3週間で良くなります。

痛めてから数日後、急性の炎症がなくなってからは、電気治療や牽引で回復を促します。回復に伴い、首の筋力を鍛えるリハビリを行うこともあります。


むち打ちの後遺症  /渋谷整体院 代々木ユニバーサルセンター

なぜ交通事故の後遺症が長引くのか?

むち打ち症の経過が悪い方は、本人に責任がない、追突を受けてのケースが多いようです。予期しないうちに突然衝撃を受けるので、身構えることが出来ずにより首を痛めてしまうのです

レントゲンで異常がないということは、骨の問題ではないということです。つまり、筋肉や靱帯を傷めています。

特に首が前後に急激に振られる動きで、首の骨と骨を支える小さな筋肉や靭帯が傷つき、緊張が続くために痛みを起こしていると考えられます

そうした場合、首痛だけでなく、背中、肩、腕まで、はっきりしない痛みや重さが続きます。すごく痛いのではないけれど、重だるいような症状が続くのは大変つらいものです。


後遺症には頭痛も

また、むちうちの後遺症で見落としがちなものに頭痛があります。

交通事故後はCTやMRIなどで頭のケガのチェックが行なわれます。
ここで問題がないと本人も安心するのですが。

事故後、しばらくしてから頭痛が続くようになる方もいます。
再び検査をしても、頭はなんでもありません。

こうした頭痛は頭のケガが原因ではなく、首の筋肉を痛めたことが原因で起きる頭痛なのです。これは首を治さなくては症状が変わりません。

さらに言えば、首から腰まではひとつながりの背骨として関係しています。
場合によっては無自覚に腰や途中の背骨を痛めていることもあります。

経過の長い場合、痛みの有無に関わらず腰もチェックしたいところです。


胃の症状はありませんか?

交通事故後、胃の不調を自覚する方も少なからずいます。

交通事故というのは心身共に非常なストレスです。普段にない驚き
そのストレスが胃を痛めるのです。

一般的な痛み以外に、事故後に起こる胃の問題も後遺症の一種だと当院では考えます。そうした場合、胃の不調に伴い、肩甲骨の間、背中の張りなども出てきます。


むちうち症と整体・鍼治療  /代々木整体ユニバーサルセンター

そう考えると「むち打ち=首」ではなく、全身に関わる問題だということがお解りいただけると思います。

渋谷の整体院・代々木ユニバーサルセンターでは、交通事故の後遺症、むち打ちの方にも全身のチェックを行い施術をしています。

もちろん首は首で、どのようなきっかけでどのように傷めたかをしっかり把握し、その部位へのアプローチも同時に行います。

繰り返しになりますが、長引く痛みの根本原因は首の小さな筋肉での血行不良です。事故のショックで受けた筋肉の過剰な緊張=コリが痛みの原因になるのです。(→詳しくは腰痛の原因へ)

なので、整体や鍼灸により原因である筋肉の緊張を緩めれば、首の痛み、腕のしびれ、頭痛などの症状の改善は可能だと考えています。

むちうちの症状、後遺症にお悩みの方は、是非お気軽にご相談下さい。


渋谷整体 03-3485-5041